読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音(どもり)ネタを貼ってくブログ

コミュニケーションは、話し手と聞き手、つまり「あなた」と「わたし」とで成り立っており、吃音はその障害です

この話、凄く感動した「俺の親父も吃音者」

この話、凄く感動した。
俺の親父も吃音者
抜粋

吃音が苦しくて、死にたくなったら、おれも一緒に死んでやる」

細かいツッコミはあるのかもと思うけど(自分は指摘されるまで全然気付かなかった)、些細な事。

この子の前の記事をtwitterで読んで。
その行動力があるならば是非どっかのJクラブのサポに!って(違うか)
サッカーで繋がる縁って(今までの自分では絶対に出会えない人達)自分を広げる事ができるよ(って違うって)

自分は死のうとした事は何回もあるけど、
今は楽しいっちゃ楽しいし、死ぬのはとんでもなく勿体無いとココロの底から思うので
もし子供達からそんな気配を感じたら自分はどう振る舞うのだろかと。

サポ気質と言うか
(サポーターは動く広告塔なのでコアな人達ほど「演じる」事も多いと思う)
「演じる」それを子供達は「見破る」んで「本音を語る」って順番になるのかな。
男と女と違うから元々自分のは娘たちの参考にはならんはずだけど。