読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音(どもり)ネタを貼ってくブログ

コミュニケーションは、話し手と聞き手、つまり「あなた」と「わたし」とで成り立っており、吃音はその障害です

北海道新聞吃音連載3回目(最後)

北海道新聞の生活欄で一昨日から今日までの3回吃音特集がありました。
ここでは最後の3回目の記事を添付します。

f:id:sadakiti:20131130075158j:plain

北海道新聞20131130.pdf - Google ドライブ


記事がアツイ!

道新webにアップされないのだろか?見つけられん。

思わず抜粋

吃音の当事者たちは言いたいことがうまく伝わらない歯がゆさを幼いころから抱えている。周囲の心ない一言に傷つき、自信をなくす。学校でからかわれ、職場では白い目で見られる。新聞やテレビで報じられることはあっても、前向きに頑張るばかり。そこからは精神の不安や就職の壁、果てには生きる意味を見失い、自殺にまで追い込まれることもあるという現実は見えてこない。「どもってもいいんだ」と胸を張って生きてゆける社会にはほど遠い。

言葉が滑らかに出ないもどかしさを抱え、くじけそうになりながらも、自らの口で吃音について発信しようとする当事者たちがいる。彼らが社会に求めているのは、難しいことではない。せかさず、否定せず、耳を傾ける-。吃音者を救うのは、そんなちょっとした配慮の積み重ねだ