読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音(どもり)ネタを貼ってくブログ

コミュニケーションは、話し手と聞き手、つまり「あなた」と「わたし」とで成り立っており、吃音はその障害です

ともはむさんのブログを読んで他のブログとか

私見・戯れ言

はてなからの紹介
http://economicindependence.hatenablog.com/entry/2014/03/17/123916
この方のブログは初めて読むけど、吃音の理解ある人なのかもと。
この記事は経験として判る。「話すのもスキル」だと思うから。


呟きを読ませてもらってる、ともはむさんのブログ
http://tororin-mura.hatenablog.com/entry/2014/03/18/012647
こんなに冷静に書ければイイなぁと。
「居場所」そうだね居場所。
結婚できて「妻がいればいい」って思えちゃった自分は「居場所」ではなく「依存」なのかもと。
でも前にTVで江角マキコさんが「家族がいれば周りが敵だらけでも全然気にしない」って言ってて凄く嬉しかった記憶がある。
吃音持ちに限らないけど、家族でなくていいのだけどそういう居場所ね。

妹さん北海道か、北海道っても広いから
「北海道言友会の例会に(特別支援の先生も多いし相談に乗れるかも的な)」とはナカナカ言えませんけども。
昨年の吃音キャンプ、大成功だったから今年もって話だったけど、まだ何も決まって無さそうで。
ノウハウ教えてほしいかなぁ


ひたすら逃げる方法も無くはない。逃げれるならそれも人生でしょ
社会性や社交性が足りないあの2人の深夜番組が始まる
能面ヅラ美さん、もう少しなのになぁって。ブログで繋がるって話もあるのかな。

って自分は浦和レッズとはリアルな付き合いは太くはならないけど
維持出来てるのはブログがあるからかな。
ともはむさんと同じ事なのかな、殴り書きの自分の
【J特】試合前に - REDS&日常とか〜赤くなったもん勝ち〜
ブログ抜粋

川淵さんのJのフリップを見て北海道から上京し。
転職先の寮が川越だったから「じゃ浦和で、パオも兄も日産から来たし尚結構」って。
今振り返ると、当時色々あって表情を失ってて能面だったのだけど、うちの試合を通じて喜怒哀楽を取り戻して。
全然勝てなくて悔しくて悔しくて物にあたるなんて初めてで
引き分け狙いな恥ずかしい試合展開したのに鹿島の狡猾なプレーで負けて、立てない位泣けて泣けて泣けて。
笑ったり楽しかったのは試合前後が多かったかな。読売戦でペトロが小馬鹿にしたプレーをした時は嬉しかったけど。

今の自分はREDSがあり、REDSがあるから今の自分がある。
不謹慎だけど、たかがサッカー、趣味だ。
一般人、普通の俺がこんなジェットコースターみたいに右往左往させられてる。
イッパイイッパイの毎日の中で。

浦和レッズに入れ込む前は
いつの間にか公衆トイレで小便できなくなり、いつも大に逃げて。
親父の葬式でも泣けなかったし「社交不安障害(SAD)」になってたのかもと。


このブログでも書いてる事。埼玉時代「居場所」は浦和レッズを通じてだった。
だから天皇杯が終わると開幕までの3ヶ月間は基本何にもなく。ただただアパートで寝てたな。
家族の事情でUターンして無かったらどんな人生だったかな。


さて、これから契約更新交渉(年棒制に変わって数年、今年は資料なしで望む事にした)
どうなるか。拘束時間をもっと減らして家族のためや北海道言友会に入れ込みたい。
昨年やっと48時間出社しなくても良くしたけど、旗日位は出社しないように持ってきたいなと。