読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音(どもり)ネタを貼ってくブログ

コミュニケーションは、話し手と聞き手、つまり「あなた」と「わたし」とで成り立っており、吃音はその障害です

研究論文「吃音」で検索できた

J-stage(総合電子ジャーナルプラっトフォーム)サイトで「吃音」で検索したら色々出てきた。

ネットや言友会で聞いた、読んだ事ある先生達が出てきた。

https://www.jstage.jst.go.jp/result/-char/ja/?language=ja&item1=2&word1=%E5%90%83%E9%9F%B3&cond1=1&translate=0&searchlocale=ja&start=0&count=20&order=2&fromid=AF13S010&requestLocale=ja


菊池先生みたいに「治ることに拘らわない」と言いつつ、研究して「治るなら治りたい」も追求する。

自分は、今のままでもしょうがないけど治るのならば、治りたい。
トラブル対応時の電話のように、、お酒飲んだ時みたいに、歌う時みたいに。
いつでも流暢に、言い換えしないで話したいです。


「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容たるべきでない」


なんて言葉もありますが、「治らない」と決めつける事無く

根本的に吃音が無くなる世界になるように研究してほしいです。


検索結果4ページ73件の1ページ目だけテキスト化

◯語頭および語末のバイモーラ頻度が吃音児と非吃音児の反応潜時に及ぼす影響
髙橋 三郎, 伊藤 友彦
音声言語医学
音声言語医学 Vol. 56 (2015) No. 4
公開日: 2015年10月17日 342-347

◯短期シャドーイング訓練の吃音に対する効果
阿栄娜, 酒井 奈緒美, 森 浩一
音声言語医学
音声言語医学 Vol. 56 (2015) No. 4
公開日: 2015年10月17日 326-334

吃音を意識した年齢に関する検討
菊池 良和, 梅﨑 俊郎, 安達 一雄, 山口 優実, 佐藤 伸宏, 小宗 静男
音声言語医学
音声言語医学 Vol. 56 (2015) No. 4
公開日: 2015年10月17日 321-325

◯成人吃音を対象とした合成音声を用いた在宅訓練の予備的検討
小山内 筆子, 小山 智史
音声言語医学
音声言語医学 Vol. 56 (2015) No. 3
公開日: 2015年08月31日 236-243

◯高齢で発症した心因性吃音症例の経過
谷合 信一, 前新 直志, 田中 伸明, 栗岡 隆臣, 冨藤 雅之, 荒木 幸仁, 塩谷 彰浩
音声言語医学
日本音声言語医学 Vol. 56 (2015) No. 2
公開日: 2015年05月21日 192-198

吃音のある成人へのビデオセルフモデリングによる介入の試み
Chu Shin Ying, 酒井 奈緒美, 小倉(青木) 淳, 森 浩一
音声言語医学
日本音声言語医学 Vol. 56 (2015) No. 1
公開日: 2015年04月08日 20-29

◯歴史的事実を踏まえた吃音の正しい理解と支援
菊池 良和
小児耳鼻咽喉科
Vol. 35 (2014) No. 3
公開日: 2015年03月13日 232-236

◯語の長さは吃音頻度に影響を与えるか?
松本(島守) 幸代, 伊藤 友彦
特殊教育学研究
Vol. 51 (2013) No. 1
公開日: 2015年02月18日 31-39

◯思春期以降の吃音症と発声障害の問診上の鑑別
菊池 良和, 梅﨑 俊郎, 安達 一雄, 山口 優実, 佐藤 伸宏, 小宗 静男
音声言語医学
Vol. 55 (2014) No. 4
公開日: 2015年02月05日 333-337

◯脳磁図を用いた吃音症の聴覚ゲーティング異常
菊池 良和, 小宗 静男
AUDIOLOGY JAPAN
september Vol. 55 (2012) No. 5
公開日: 2013年12月05日 315-316

◯小児音声言語障害の現状と今後の課題
森 浩一
日本耳鼻咽喉科学会会報
Vol. 116 (2013) No. 8
公開日: 2013年10月09日 992-994

◯学齢期吃音に対する多面的・包括的アプローチ
小林 宏明
特殊教育学研究
Vol. 49 (2011) No. 3
公開日: 2013年08月20日 305-315

吃音症を聴覚で科学する
菊池 良和, 梅崎 俊郎, 小宗 静男
音声言語医学
Vol. 54 (2013) No. 2
公開日: 2013年05月27日 117-121

吃音者の脳波的研究
梅田 薫
耳鼻と臨床
Vol. 6 (1960) No. Supplement6
公開日: 2013年05月10日 392-396

吃音の生理心理学的研究
梅田 薫
耳鼻と臨床
Vol. 6 (1960) No. Supplement6
公開日: 2013年05月10日 377-391

吃音者の連続最高血圧の変動
上西 創造, 森 崇, 久保村 雅夫, 水町 俊郎
耳鼻と臨床
Vol. 18 (1972) No. 6
公開日: 2013年05月10日 418-423

◯社交不安障害(social anxiety disorder: SAD)を合併した発達性吃音症の1例
菊池 良和, 梅崎 俊郎, 山口 優実, 佐藤 伸宏, 安達 一雄, 清原 英之, 小宗 静男
音声言語医学
Vol. 54 (2013) No. 1
公開日: 2013年04月03日 35-39


吃音の治療に関する心理学的研究
内須川 洸
教育心理学研究
Vol. 5 (1969) No. 2
公開日: 2013年02月19日 54-62,53

吃音児の自尊感情
太田 真紀
教育心理学研究
Vol. 55 (2007) No. 4
公開日: 2013年02月19日 501-513

◯遅延聴覚フィードバックと吃音
青木 剛士
教育心理学研究
Vol. 22 (1974) No. 3
公開日: 2013年02月19日