吃音(どもり)ネタを貼ってくブログ

コミュニケーションは、話し手と聞き手、つまり「あなた」と「わたし」とで成り立っており、吃音はその障害です

「認知療法・認知行動療法(吃音とのつきあいを通して)」の感想。オススメ本です

認知療法認知行動療法(吃音とのつきあいを通して)」の感想。オススメ本です


自分は吃音持ちで症状は軽減したけど今でも普通に吃ってる。
だから精神的に追い詰められた事はここ20年間は皆無で。
「こうすれは発話出きる」「吃ってもまぁ大丈夫」の積み重ねてが聞いてると思うし
盛田療法やアドラーの初歩本読んで精神的に楽になったのも大きいと思う。

で吃音に対してはもう何回目かわからない位書いてる「治らないと思って治る」に尽きると思ってて。
それには22歳(親父の急死)で
「人はあっという間に死ぬ。このまま「吃りのせいで何も出きない」は勿体無いのではないか」「吃ってもやる」に気持ちを切り替えて
結果的にスモールステップを積めて、27歳位から急激に改善して、30代に入ると「吃っても何とかなる」の境地になった経験と言うか。

一言で言うと「加齢で流暢性改善」はエビデンス的にはよくある話らしく、自分もその1人なのだろと。

「加齢で改善」の理由m自分は認知行動療法にあると考え、twitte?FB?でおすすめ本だった本書を購入。
結構サクっと読めた。
この本は伊藤伸二先生の団体のワークショップの記録を書籍化したもので
なので吃音目線が多く、入りやすかった。
「認知の歪み」
「思考記録表~感情を整理するためにも書くことが大事」
「ネガティブな記憶も皆に読んでもらう事でポジティブに変わる」
「行動してこそ(行動は全てポジティブ)」
「BUTを掘り下げて、スキーマを見つけ、変えていこう」
伊藤先生の人生を認知行動療法で切り取る話は自分の経験と重なり、とても腑に落ちたと言うか「認知行動療法は吃音改善に効く」と思ったし、セルプヘルプグループ・仲間を作ってお互いの意見を言い合って新しい視点を得るのはとても有効なんだなと。


残念に思ったのは伊藤先生の「吃音は治らない」の連呼。バリーギターの全否定とかね。
結局伊藤先生も同じこと言ってると自分は思えるのだけど。治らないと書いてて「変化する」とも書いていて。ズルイと思った。

伊藤先生は
日本語、日本人の思考だと「黙っても伝わる」から海外の先生達が考える「話せる状態にしてから経験積ませる」は必要ないと
書いてるように思うのだけど、呆れたし、昭和か、そんなに性善説で良いのですかと。


までも、伊藤先生の経験と自分の経験は親和性があるし「治らないと思えば治る」と思うので。
言い換えれば「逃げるな」なんだけど。学校は特殊な時期なので「逃げても良い」のだけど


結果、オススメ本です。負の記憶を正にできれば、自己肯定力が上がる。自己肯定力が上がれば吃音に負けないと思う。

吃音ポータルサイトに又有益な情報が

最近小林先生にフォローされた。嬉しい。
f:id:sadakiti:20191212122147j:plain

なので久々に「吃音ポータルサイト」覗いてみたら有益な情報が増えていた。皆さんも改めて訪問して知識増やしていただければ

www.kitsuon-portal.jp


有益だと思うのでココにも。
「吃音のある人のための、吃音のある人によるメンター講座」を公開しました | blog_ボビーのつぶやき | 吃音ポータルサイト

吃音のある中高生・⻘年にとっての相談相手を目指す吃音のある人のためのメンター養成プログラムの開発に取り組みました。
メンターとは、「信頼のおける相談相手」のことで、吃音のある中高生・⻘年と同じ悩みを持つ人生の先輩として、相談に応じたり、精神的なサポートを行ったりする人のことをいいます。

PDFがダウンロードできる。全72P
「吃音のある人のための、吃音のある人によるメンター講座」のダウンロードサイト(PDFファイル)
https://www.kitsuon-portal.jp/_src/1717/20180331mentor.pdf?v=1538286652000

本冊子には、自信を持って吃音のある中高生・⻘年の相談対応やサポートができ るメンターとなるために必要な知識や技術をまとめました。吃音のある中高生・⻘年への相談対応をされる際に参照いただければ幸いです。また、本冊子の内容等について忌憚ないご意見を賜れればと存じます。


更に
TEDxHimiのスピーチがYouTubeにアップされました | blog_ボビーのつぶやき | 吃音ポータルサイト
動画直接貼り付け

吃音、を、話す。 Talk, About, Roah | Hiroaki Kobayashi | TEDxHimi

小林先生の講演会レジュメ
www.kitsuon-portal.jp


こんなのも。こちらも15分程度の動画あります。幼稚園小学校の先生に吃音とはを説明するようにいいと思う
「吃音のある子どもたち −あなたは知っていますか?−」をYouTubeに公開しました | blog_ボビーのつぶやき | 吃音ポータルサイト


決意表明?自分も微力ながら
「どもっても大丈夫」について考える | blog_ボビーのつぶやき | 吃音ポータルサイト

「『どもっても大丈夫』と心から感じているのに、他の吃音のある方や保護者の方に言うのをためらうのは何故か」、私はその理由が自分自身分からず、悶々としていました。しかし、貴戸先生の論文を読み、その理由が分かりました。以下に、それを述べたいと思います。

最近の次女の様子

長女も書いたので次女も


次女は吃音症状は重くなってるかな、正直。それを何とか回避しながら日々過ごしてる感じ。
心配なのは吃音より勉強かな。部活&タブレットばっかで成績がダダ下がり。
幼稚園からのチャレンジ→進研ゼミ継続するも、やらないので本人了承で解約しました。
本人奮起してこの前の試験でかなり成績と言うか順位元に戻したけど、続けばいいなと。
進研ゼミ代浮いたので塾とか冬季夏季講習とか本人次第ですが。
次女は友人と言うか周りに壁を作られる事も無く、発表系は苦では無いので
隠すと言うか、難発を交わしながらの生活を続けるのだと思う。そのまま軽減できればいいなと。


吃音のハンデがあるので「成績良いと選択肢広がるよ」と娘達には言ってるが。


俺は専門学校卒ですが、最初の就職先、20・21歳の時に北海道大学で色々経験させてもらって
「英語嫌いとか言ってる場合ではなく真面目に勉強すれば良かった」と後悔したので
(までも「大学生じゃなくても授業受けれてるし」とか思いましたが)
今の職場も社長の大学繋がりで多士済々な方達が来社してきて、「学閥はすげ~な」と。


そんなんで、長女ほど次女は心配してない。

でも、吃音に限らんけど、1年下の小学生達が今年部活で全国行ったので思うトコロあったと思うな。
大会前の集金パーティーで今まで呼んでも集まらなかった指導してくれた先生全員来たし、近隣の皆さんも結構集まったようで。
「一生懸命って素敵そう」って思ってくれれば良いなと。

最近の長女の様子

長女の様子、受験から書いてなかった。

志望校に合格し、中学同様の部活やってます。
中学の時に絡んで無かった同じ中学の子達とツルンでいるようです。
クラスでも学園祭で仲良くなった子もいるらしく、
部活の先輩達も相談に乗ってくれる子も数人いるらしく
中学の時に親の俺が感じてた「疎外感」と言うか、小学校時代からの友人との「共依存」的な感じは全く無く
状況はかなり好転したと思っている。
2年前全国行ってる部活だし、小学中学で一緒だった子達も進学先で同じ部活の子も多く、刺激を受けてるようだ。

なんせ自宅が田舎なので、高校まで20キロ。普段からスクールバス利用で、土日は旭川駅前経由での通学です。
なので送迎することも多く、送迎中に学校内(ほぼ部活ネタだけど)の事聴ける事が増えた。

バスの中で先輩や同期の子達と関われるのも良いらしく。誘われるまま駅前でタピッたり、お祭りがあれば集団で遊びに参加してたようだ。
今どきの高校生はお金大変だなぁと。でも買い食いとか学生の醍醐味ですもな~それが体感できてるのは非常に嬉しい。
スマホOKの学校で、LINEで会話できるのは娘にとって凄く良かったようで(依存な感じもあるけど)
普段会話ない子でもLINEで人とナリが共有できてるので「疎外感」は相当軽減されてるように思う。


受験時に吃音の配慮をお願いし、学校から求められる資料も提出した。
入学式後に3者面談をして具体的な配慮をお願いした。
長女の高校は単位制の学校で2学期制(前期(4~9)後期(10~3)なので秋休みがあった)で
例えば期末試験も個人の選択で4~12教科となり、試験期間長いけど自習の時間も結構ありで。
もう1年後期なので既にざっくり文系理系に分かれて、2年生になるとクラスはあるけど教科ごとに個人が移動して授業を受けるとかで
クラス内のいじめとか、そういう状況は発生しづらいのかなぁと想像だけど。


配慮って授業中基本当てられないようで、英語とか、発表飛ばされるようだ。長女は不満と言ってた。
それだけ充実してるのかな。
部活のイベント(部員内での先輩接待とかパート内でのパーティー等)も多く、
陰・インドア・腐女子と本人言ってるのだが「キャラを替えないと」と言ってた。
それもあったのだろけど、パワポ使った授業で長女の案がクラス代表?に選ばれて
(クラス内での発表は同じ班の子が代読してたようだ)
で自分の案なので自分で言いたいと先生にお願いして。
(先生は発表前日にプレゼン文章を印刷し、誰に代読してもらうか長女と打ち合わせしてくれてるようだ)
でも前日夕方からプレッシャーが凄かったらしく、当日は体調不良でお休み。


この件で「みんなの前で発表」のハードル上がってしまったかもしれないが
「怖い・できなかった」と後悔ではなく、「言いたい」と思った自分を褒めてほしいなと思う。


翌日は普通に学校行ってまぁ安心。
次女にも言ったけど「休みたいときは休んでいいから」「皆勤なんて意味ない」と。おっさんになってホント思うですよ。
うちの子達は任せて大丈夫だと思う。まぁ親として吃音持ちの先輩経験者として色々先回りしてしまうのだけど。


長女はそんな感じ。
までも進学に向けて「面接のない学校」ってのは変わらんね。
中学の時もそんな事言って結局「学校推薦」で面接に臨んだ訳ですが。
高校は「進学先は大学以外認めん」ってスタイルなのだけど、学年上がると専門学校も認めてくれるに違いない。
長女のやりたい職種を目指すのに本当に数学いらないのか?(2年からは選んでないので数学の授業ないらしい)

吃音持ちの作者さんが描く、吃音持ちの高校生君が主役のマンガ連載「ワンダンス」

偶然(amazon?)このマンガを知りツイートしたら編集者さん?に深夜にいいねされて。
で、時間調整で本屋行って、1話をスマホで試し読みをしたらガッツリ「吃音症」と書いてあって。
音楽が聴こえてきたのでその場で月間アフタヌーン1月号立ち読みして(ダンス大会審査発表の回だった)単行本1巻2巻購入。
買って良かったですよ。

ワンダンス(1) (アフタヌーンKC)

ワンダンス(1) (アフタヌーンKC)

2巻のカバーに

吃音で人生得したことなんかいっこもないけど
この漫画が初めてひとつ目になるかもしれない。

ってあって。これは作者さん吃音持ちではないかしら〜と。珈琲さん。

1巻の番外編に「ダンス部の小谷くんは吃音症」ってのがあって、吃音の事をがっつり説明しています。

その小谷くんは高校1年生男子「お 俺 こ こ こういう喋り方だけど き き 緊張してるわけじゃないから き 気にしないで」
って言える子です。
中学時代は友達に誘われてバスケ部。高身長でイケメン。
バスケの友人に「黙っていれば周りが勝手に良い方向に解釈してくれるんだから」「お前は得してる」って言われております。
その友人は口悪いんだけどいい子なんだな。吃ってもその友人君がネタにして変な雰囲気を作らないようにしてくれていて。
本人の座右の銘は「目立たず、逆らわず」ちょいちょい「吃音持ちあるある」が悩み事として出来てきます。

そんな目立つのが嫌いな小谷くんが湾田さんのダンスに惹かれたのと、彼女が言った
「「喋らなくてもいい」っていうのはいいよね」「私もあんまり口で伝えるの得意じゃないから」って言葉にも惹かれてダンス部に入部して....ってお話。

ダンスの曲が書いてあってメジャーな曲ばかりなので脳内で再生できて。
この漫画、人気でればサブスクで纏めてくれるんだろな、自分で纏めてもいいけど。
ダンスシーンは娘が一時期ダンス教室通ってて、イベントとかで年代別の発表見てたから、ダンスシーンは流れるように俺には見えます。

小谷くんは吃った事を気にしてるんだけど、ダンスの事を話してるので周りは全然気にしてなく、中身を聞いてくれていて。
それは俺も判る。コサキンオフ会とか、REDSのサポート、サッカーの話をしてる時もそうだけど、
趣味で繋がってる皆さんて、中身を聞いてくれるから、本当に楽なんだよね。吃らないように話してしまうけどね。


無心のクダリのトコ、よいです


主人公君は結構精神的に解放されてきていて。どうなるのだろ?純粋にダンス漫画に移行するのかな?
確かに極めたダンサーさんって無口内向的オタクなイメージあります。それって。


10代20代のフォロワーさんは既に知ってたんだろけど、ここまでガッツリ吃音あるあるが出てくる漫画が連載中だとは。
時代は変わりましたなぁ。自分時は「風子のいる店」しか無かったですよ。あれはキャラ設定だったけど。

とにかく超オススメです。

ブックトーク「吃音ー伝えられないもどかしさー」を語る@紀伊国屋札幌店20191123 感想

北海道言友会主催 ブックトーク「吃音ー伝えられないもどかしさー」を語る 場所-紀伊国屋札幌店 2019年11月23日
感想です。

f:id:sadakiti:20191128184214j:plain
チラシ
f:id:sadakiti:20191128184231j:plain
プレスリリース1
f:id:sadakiti:20191128184251j:plain
プレスリリース2

今回撮影係でして、登壇者のアップ画像&会場の雰囲気を撮影しました。定点で動画撮影。
久々の札幌例会の方達とお会いして、なんだか親戚の子供みたいに「大きくなったねぇ~」なんて。
イベントの前日STV(札幌テレビ)のどさんこワイドで特集組んでくれました。
音小さいですが聞こえなくても大丈夫です10分です。

絶えない誤解や偏見吃音の悩みに理解をSTV20191122

3年前の紀伊国屋イベントも立ち見の盛況でしたが、今回も椅子が足りず、40脚丸椅子追加してくれたけど足りずで。
感想も沢山いただいたようです。個人名も多かったようで支援と言うかネットワークが広がればいいなと思いました。
様子は北海道言友会ブログに近々にUPしてくれるに違いない。
STVで公開は期間限定だと思いますがイベントの様子がニュース動画に。
www.stv.jp



近藤さんの講演は直接は始めて。NHKラジオで聞いた事ありました。
近藤さんの本出版で話してましたが、大竹まことさんのラジオ出演であったり、武田鉄矢さんが帯で一週間語ってくれたり。
映画だと若者向けが多く、周知もwebやFMラジオだったりするのですが、AMラジオでメジャーは人達が語ってくれるってのが非常に有り難かったです。
情報があればできるだけ聴いたのだけど、本のお陰で苦しみは伝わったようなのですが、それでも尚、「伝わらないなぁ」って聴いてて想いが多く。
その想いって全国大会の深夜のおしゃべりで「非吃音持ちさんに伝わらない」「非吃音持ちのST医者さんとか、ピントがズレる」って話を拝聴し(皆さん酔ってましたけど)
本のタイトルどおり「もどかしさ」なんですよと。

自分は「困ってると伝えるのを早々に諦めた」ので語る権利無いかもですが、
「困ってる」を言い続けないと、今子供である吃音持ちさん達が昭和と同じ苦しみを抱えてしまうと(これは保護者目線なのだけど)思う次第でした。


近藤さんの講演前半終わり、K君S君の就活話とHさんのお話。
K君は大学卒業からの「就職先(会計事務所)で士業を目指す」、S君は福祉系専門学校で学んで福祉系の会社に就職して、吃音持ちだから頼られる事もある的な話をしていた。
2人とも就職決まったのが最後の方だったとか。
最後、Hさん(結婚をSTVの映像で知りました、おめでとう)は結構赤裸々に語ってくれました。そんなに苦労してたんだって。
3人の話聴いて「家族に伝わっていない」のではないだろかと。確かに俺も親には全く理解されていない。
この3人、K君S君はイベントがあると必ず参加してたし、H君は旭川近郊出身なので旭川例会のイベントでお母さんに語っていただいた事もあるのだけど。
言友会イベントで見せる顔と自分語りで話した事やパワポに書いてあった事のギャップが自分には大きくて衝撃でした。

ちなみにタイムキーパーしてた子は吃音持ちの新米保健師さんでした。どう思ってたかなぁ。
3才児検診とかで不安に思う親に吃音の事どう説明すれば「伝わる」のか。


休憩挟んで近藤さんの講演後半、主に亡くなった飯山さんのお話でした。
自分は当時始めて吃音キャンプに参加申込してて、リーダーが飯山さんでお会いできるの楽しみにしてた時の訃報で。
飯山さんの事が大手メディアにも報道されて、吃音持ちさんの環境っていい方法に動いたと思う、もっといい方向にしないとと思う。

イベント終了後、椅子片付けてる時に中学生?多分吃音持ちさんに質問されました。繋がればいいなぁと。
「吃音の世界」紹介すれば良かったと後から後悔。

懇親会は辞退しました。赤レンガテラスのパン屋でバケット買って、18時半の都市間バスに飛び乗って帰宅は22時近く。
バスの中でスマホ録画したイベントの様子ずっと聞いてました。吃音持ちさんの配慮、進んだけど、進んでないのかもしれない、と思いながら。
イベント終了後に司会の藤井先生に「吃音で精神障害者手帳取得できる病院紹介していただけませんか」って聞いたんですよね。
札幌なら発達障害診てくれる病院っていっぱいあると思ったしで。
長女の進学・就職、今の吃り具合だと非常に心配で。半歩づつ克服してると思うのだけど。今はLINE様様で。

「記憶する体」から湧き出た思考

いただいてからプロローグとエピローグを読み、言友会の全国大会参加の道中で読み終えてて、どう書こうかと思い悩み、
またエピローグとプロローグと目次を読んで想いを巡らしてる最中で。
amazonレビューには吃音に限らずな事書いたつもりだけど。オススメです、「記憶する体」。
f:id:sadakiti:20191128162531j:plain
マクロな感想として。
寛容不寛容、「障害者って言えないのでは?」「そもそも障害者って定義は」って考えてしまった本でした。


ほんの数文字私の名前が出てるから、この本、いただいたのです。伊藤先生ありがとうございます。

共感されなくてもいい、ミクロ的な感想は以下。
視野が広がったのと、自分をヨリ知ると言うか、なんだか不思議な感じです。
でも「自分だけ、吃音持ちだけではない」「マニアックでは無くて、実は誰にでもある事なのでは?」の想いがムクムク湧いてきます。
だから「話し方改善は出来るのではないか」と思った次第です。
自分は吃音を諦めたのと浦和レッズのサポート活動で性格、行動原理を変えることはできました。歩く時猫背じゃなくなったし。

エピローグの吃音持ちさんのクダリはどういう環境なのだろう?
このコミュに参加できなくなるって危機感、周りの吃音持ちさん達の目、空気を読んでの「飲まない」なのかな?
自分なら即座に「飲んで吃音とオサラバする」かな。もし1錠しか無ければなければ、より重い長女に飲ませる。
確かにもう50年生きてきて、吃ってるが何とかなってるので「飲まなくていい」とカッコつける事はできます。

脳と体の話。
以前NHK特番で脳と臓器で情報交換してる、臓器や筋肉、骨、つまり体の判断で動くことも多いと放送していた記憶が。

認知療法で「吃りは吃らないと発話できないと脳が記憶してるから」ってあるのだけど、記憶してるのは、脳ではなくて、体なのかもって。
引っかからずに言えた経験で「この方法でならもっとスムーズに出来る」と脳がデバックして流暢性増すと。

筋電で動く義手義足が3Dプリンターのお陰で普及しやすくなってる環境だとか。
途中から身体不自由になった人は欠損した部分が蘇るのかもしれん。生まれつき五体満足ではない人が装着したらどうなるのか?

脳が、あると思って命令を出すから痛みが出るので、ならVRで脳を満足させれば本当に痛みが消えるなんて。

アルツハイマーの方が「体が記憶する部分を全部脳で行うから非常に疲れる」話って
新人は疲れるけど、ベテランは楽チンって感じと繋がる話でもあるのだろなと。


運転中に熱く話しだすと結構危ないと妻に言われる。
自分にとって話す事って体を動かす事なので注意散漫になりがちなのだろう。実際交差点で怖い目にあってる。
本来使わなくてもいい部分を使ってるからだろなと残念な気持ちにはなりますが、注意&工夫でやり過ごせるのでまぁしょうがないかなと。

創意工夫が「本来の自分ではない→話すときは自分自身でいたい→自分自身とは何さ?流暢に話す事ではないかい?→ならテクニックで流暢性増すのはアリでは?」で思考停止になるのですが。

この本読んだから、アスリートの肉体改造にヨリ共感できるようになりました。
例えば原口元気。元気はREDSの子で今はドイツで頑張ってる。
小学生から神童でしたが、でも本人はもっとレベルアップを目指して筑波大で走り方を学んで。
その走り方を数年書けて会得、体に覚え込ませる事でスタミナが増して(効率的に動ける)速くなった。
瞬発力、キレだけだったのに、今や代表で持久力が大事なボランチをやらされたり。この変化。
REDSで言うと、関根も槙野も武藤も走り方改善で120分動ける体力になったと。効率的に走れるようになったから。

彼らが出来るのだから俺も話し方改善で理想に近づけるはず。
先生はいないので我流になるけど、目指す先は小学生の頃の自分なのだから、何とかなるはず。冷静になれば、何事も達観すれば近づけると思うし。

amazonレビューに繋げるけど寛容の話だとも思いました。
こんな人達がいるのですよ、で、私もその1人で、障害あるなし関係なく、実は全員そうなんじゃないかと。


体を騙す話は本当に身につまされる。吃音でいう随伴ってそうだと思うし。
自分にとって、どう難発を抑えるか、体が固まるをどう防ぐか。最悪平井堅さんみたいに手をヒラヒラさせればまぁ何とか声は出るし。


吃音持ちの子供に聞かれたら「頭の回転が速すぎて口が追いつかないから吃るんだよ~成長したら治まるよ」って逃げ言葉あるんだけど
実際3歳で5%なのが5歳6歳で1%になるのだから体?脳?の成長は大事なのだろな。
全国大会で自分より年上の人達が軽く吃りながら軽やかに、又は朗々と話してるを体感して、
自分も朴訥と、駒場で背中でサポートしてたみたいに堂々としてたいなと。


本の中身と乖離してしまったけど。そんな感想と言うか気持ちになりました。
世の中は知らない事ばかりで、知れば、豊かになるのかなと。
自分の吃音に関わる事柄が、全く違う症状の方達でも起きてるなんて。
吃音持ちさんだけでも「1人じゃない」なのだけど、真に「1人だけど、みんなでもある」なんだなぁと気づきの本になりました。

伊藤先生ありがとうございました。