読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音(どもり)ネタを貼ってくブログ

コミュニケーションは、話し手と聞き手、つまり「あなた」と「わたし」とで成り立っており、吃音はその障害です

うちの子のどもり具合を聞いてて思う

昨日?おとつい?寝る前に上の子(9歳)の話を聞く。
久々に結構などもり具合。
もちろん、いつもしてるように
間に言葉を挟むでもなく、
「それは??」と先読みする事もなく、
上の子が言いたいタイミングで
話させてルンだけども。


自分も話を最初に纏めてないと、
どもらなくても意味が伝わらない事になってしまうので気をつけてるンだけども。


なんか、どうにかならんべかと聴いてて思ったんだよなー。


「話すのもスキル」で
資料で補完するのではなく、もっと話して「中身が伝わる」ように話せれば。


仕事なら「資料作成」っていう保険と言うか準備できるけども。