読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音(どもり)ネタを貼ってくブログ

コミュニケーションは、話し手と聞き手、つまり「あなた」と「わたし」とで成り立っており、吃音はその障害です

1年半前の吃音ドクター・菊池先生のインタビュー貼る

吃音ドクター・菊池先生のインタビュー貼る。
2012年4月に掲載だとか。
その頃このブログ無かったから別ブログに貼ったはず。
吃音ドクター・菊池良和さんインタビュー全文(1)悩み深めた青春時代
吃音ドクター・菊池良和さんインタビュー全文(2)仲間と出会い、悩み軽く
吃音ドクター・菊池良和さんインタビュー全文(3)脳の働きに原因…研究で解明
吃音ドクター・菊池良和さんインタビュー全文(4)「どもってもいい」胸はって言える社会に

このインタビュー読んで”おおぉ”と思ったのが「脳動静脈奇形」
これ、弟がこれで脳内出血を数回してて。助かったのは奇跡なんだと思う。
最初の時(弟小3だから今から34年前)「日本では治せません」「10年以内に再発したら助かりません」って言われたらしく。
約20年前にガンマナイフ(今は保険効くのかなぁ?)で完治したのだけど毎年1回精密検査を受けてます。

脳動静脈奇形 脳動静脈奇形とは? | 絵で見る脳と神経の病気 | 東海大学病院脳神経外科

先天性で余計な血管だから破れやすく。
親父はくも膜下出血やってるし、体質的に血液が粘性で(医者の指摘で親父は転職した)
弟は今は判らないけど昔は吃ってた。親父もそうだったらしい。親父のお通夜で知ったけど。
だから、脳科学なアプローチで吃音って体感的に信じられると言うか。


までも「原因判れば吃音持ちが楽になるのか?」ってまた別問題だけど。

娘のカラカイで相談した時に「まず吃音を病気にしないと」って言われたのがビックリで。

「障害」「病気」なら配慮しやすいってなんだろね。難しい所なんだろけど。